ハワイニュース:高波の到来で90名以上を救助

2018-08-15

■本ニュースは【アロハストリート、日刊ローカルニュース】からの転載です。

ホノルル救急サービスは、ハリケーン「ヘクター」の接近に伴ってオアフ島南岸に打ち寄せた高波により、9日(木)だけでワイキキ沖で少なくとも63名がライフガードによって救出されたほか、715件以上の警告が発せられた発表した。

このほか、アラモアナ沖では、少なくとも29名が救出されたほか、オアフ島東部のサンディビーチとマカプウビーチでは、2名が救出され、225件の警告が発せられている。

ワイキキ沖で救助活動を行った救急隊員は、海流と波について「過去に見たことがないほど危険である」とコメント。ライフガードもワイキキで海に入ろうとする人々に対し、十分に注意するよう警告を発している。

なお、ハワイ諸島周辺では、11日(土)まで高波が打ち寄せる可能性が高いため、当局では市民に対し、水際には近づかないように注意を促している。

ハワイ不動産の物件検索はこちらより。

ハワイ不動産に関するお問い合わせはこちらより。