page contents

ハワイ不動産ニュース:ハワイ州の1,000万ドル以上の物件の取引が好調

2018-11-02

■本ニュースは【ハワイに住む】からの転載です。


ハワイ州の不動産協会は2018年のハワイ州の1,000万ドル以上の物件が多く売却されている年となったと発表された。1,500万ドル以上の売却が11件、2,000万ドル以上の物件が3件売却された。また2018年の売却価格が高かった物件TOP5が発表されている。

今年の1番高い価格で売却された家はハワイ島のクキオエリアのゴルフ&ビーチクラブの5ベッドルームの物件で2,750万ドルで売却。

2番目と3番目に高い価格となったのはマウイ島でキヘイエリアのキアワカプビーチの5ベッドルーム、7バスのビーチフロントの物件が2,280万ドルで売却された。

4番目に高い価格で売却されたのがオアフ島のカイルアエリアにある約775㎡の敷地で、

建築家ピーターヴィンセント氏によってインドのモダンなデザインとなった物件が1,880万ドルで売却された。

5番目に高い価格で売却された物件はハワイ島のクキオエリアにある6ベッドルームの物件が1,850万ドルで売却された。


ハワイ不動産の物件検索はこちらより。

ハワイ不動産に関するお問い合わせはこちらより。