page contents

ハワイ不動産ニュース:リッツカールトンの開発会社がハードロックカフェが入るビルを売却

2018-10-27

■本ニュースは【ハワイに住む】からの転載です。


ワイキキでリッツ・カールトンタワー2を完成させたばかりの、ロサンゼルスに拠点を置く開発会社アイアンゲート(Irongate)社は、2年前に購入したハードロックカフェが入るビルを先月5,465万ドルでBeach Walk Five O LLCに売却したと報じられた。

アイアンゲート社は、2階建ての約3,000㎡平方のハードロックカフェが入るビルを2016年8月に5,970万ドルで、また建物の後ろにある約230㎡の駐車場を90万ドルで購入していた。

同社は38階建てのザ・リッツ・カールトンレジデンス・ワイキキ・ビーチのタワー2を今月はじめにオープンしていた。

ハワイに拠点を置く大手不動産会社のコリアーズ・インターナショナル社は、ビルズ(bills)、千房などを含むビーチウォークの賃貸を担当している。公開されている書類によると、2007年にハードロックカフェは15年間の賃貸借契約を締結している。


ハワイ不動産の物件検索はこちらより。

ハワイ不動産に関するお問い合わせはこちらより。