page contents

ハワイ不動産ニュース:モアナパシフィックの開発会社が新たに土地を購入

■本ニュースは【ハワイに住む】からの転載です。


カカアコに立つコンドミニアム「モアナパシフィック」の開発会社が新しくカピオラニ通りの土地を2箇所購入した。

場所はコンベンションセンター向かいのマンダリンオリエンタルホテルが建設予定地の隣の2箇所の土地で、11日に価格非公開で取引完了となった。住所は1659 Kapiolani Blvdと1673 Kapiolani Blvdの2箇所であった。

クッシュマン&ウェイクフィールド・チェイニーブルックス社の社長スティーブ・ソンブレロ氏が、売り手のSeiju Co. Ltd、Maruito USA、TYA LLCの担当エージェントとなっていた。

土地は合計約5,000㎡で、現在建設中のコンドミニアム「カピオラニレジデンス」の隣、アラモアナホテルの裏に位置する。またアラモアナのモノレール開発区域内となっている。


ハワイ不動産の物件検索はこちらより。

ハワイ不動産に関するお問い合わせはこちらより。