page contents

ハワイビジネスニュース:ワイラナ・コーヒーハウスが70年以上の歴史に幕

2018-10-17

■本ニュースは【アロハストリート、日刊ローカルニュース】からの転載です。


オアフ島で24時間営業のダイナーとして長年にわたって親しまれていた「ワイラナ・コーヒーハウス」が、14日(日)22:00閉店した。

ワイラナ・コーヒーハウスは、1947年にホノルル動物園の売店として営業を開始。1949年に現在店舗があるアラモアナ大通りとエナ通りの角地に移転し、カピオラニ・ドライブ・インという名称で店舗をオープン。約20年前からは現在の「ワイラナ・コーヒーハウス」という店舗名となり営業してきた。

24時間営業のワイラナ・コーヒー・ハウスは、旅行者だけでなくハワイの地元の人々からも深夜でも食事が楽しめるスポットとして人気を集め、ハワイ出身のエンターテイナーであるドン・ホー氏なども常連客のひとりとして知られていた。

ワイラナ・コーヒーハウスは、家族経営のレストランとして長年にわたって親しまれていたものの、店舗の改装費が高額すぎるとして今年8月下旬に閉店を発表していた。


ハワイ不動産の物件検索はこちらより。

ハワイ不動産に関するお問い合わせはこちらより。