page contents

ハワイニュース:オピオイド問題対策費800万ドルを受領

2018-09-30

■本ニュースは【アロハストリート、日刊ローカルニュース】からの転載です。


ハワイ州は、全米各地で深刻化している麻薬系鎮痛剤(オピオイド)の過剰摂取問題の対策費として、連邦政府から800万ドルの助成金を受領したと発表した。

ハワイ州でのオピオイド系鎮痛剤の過剰摂取による死亡率は、全米の他州と比較してそれほど高くはないものの、上昇傾向にあり、2016年度には、オピオイド系鎮痛剤の過剰摂取により77名が命を落としている。

なお当局では、今回受領した800万ドルの助成金を利用し、オピオイド系鎮痛剤の過剰摂取の対する対策やデーターの収取などを行いたいとしている。


ハワイ不動産の物件検索はこちらより。

ハワイ不動産に関するお問い合わせはこちらより。