page contents

ハワイニュース: ハワイ・コンベンション・センターが約28億円をかけて改修予定

2018-09-30

■本ニュースは【ハワイに住む】からの転載です。


ハワイ・コンベンション・センターは、約20箇所の整備・修繕などを約28億円かけ2024年までに完了させる予定だ。

いくつかの工事はすでに承認されているが、その他はまだハワイ観光局の承認待ちとなっている。
このプロジェクト全体では約48億円の資金が必要となり、現在すでに約20億円を調達済みで、2024年までに追加で約28億円を受け取る予定だ。

同センターは最近約200万円かけカラカウア通りの下水道の工事を完了し、次は2020年までに屋根からの水漏れにより破損した4階の吹き抜け部分を修理する。

その他のプロジェクトには、セキュリティカメラ、駐車場のシステム、設備などの改修が含まれる。

ハワイ観光局は2013年以来この約99万㎡の同センターを管理しているが、現在の契約は今年の12月までとなっており、契約延長か、別の会社に受け渡すかは未定。


ハワイ不動産の物件検索はこちらより。

ハワイ不動産に関するお問い合わせはこちらより。