page contents

ハワイ不動産ニュース:第2四半期のハワイタイムシェアに関するデータが発表

■本ニュースは【ハワイに住む】からの転載です。


ハワイ州観光局が発表したタイムシェアに関する四半期毎のレポートによると、第2四半期には昨年同時期と同様の約22万人の訪問者がタイムシェアを利用しハワイに滞在したことが分かった。

第2四半期のハワイ総訪問者数の8.9%がタイムシェアを利用している。

タイムシェア利用者の平均滞在日数は9.9日となり、全ハワイ訪問者合計の平均滞在日数より、約1日長い結果となった。

タイムシェアの利用方法は、約54%の利用者が自身が所有しているタイムシェへの宿泊であった。
他の利用は、タイムシェアの交換プログラムを使い別の部屋へ宿泊する方法であった。
一時的にレンタルしたり、一般利用者の宿泊が17.3%、その他短時間の一時的に利用している人が、8.5%だったと記載されている。


ハワイ不動産の物件検索はこちらより。

ハワイ不動産に関するお問い合わせはこちらより。


ハワイの風景

リラックス イン ハワイハワイアン ドリーム という言葉がよぎる風景ですね。