page contents

ハワイニュース:ブラジルの博物館火災でハワイ王朝の展示品が焼失

■本ニュースは【アロハストリート、日刊ローカルニュース】からの転載です。


ブラジルの国立博物館で発生した火災により、同博物館で保管、展示されていたハワイ王朝の貴重な羽根のケープが焼失したことが明らかになった。

ブラジル国立博物館で保管、展示されていたのは、1824年にハワイ王朝のカメハメハ2世(リホリホ王)から、ブラジルのドン・ペドロ皇帝に進呈されたものだった。

カメハメハ2世は、ハワイ王朝で初めて外遊を行った王として知られており、外遊時に所有していた5つの羽のケープのうち1つは、イングランドのビクトリア女王にも進呈されている。


ハワイ不動産の物件検索はこちらより。

ハワイ不動産に関するお問い合わせはこちらより。


ハワイの風景

アラモアナビーチとダイヤモンドヘッド寛ぎ感あふれるアラモアナビーチからダイヤモンドヘッドを臨む。