page contents

ハワイ不動産ニュース:アラモアナセンター近くに建設予定のコンドミニアムの計画が承認

2018-09-06

■本ニュースは【ハワイに住む】からの転載です。


ホノルル市はアラモアナセンター近くに予定されている新たなコンドミニアムの建設計画に承認したと発表した。

ケアモク通りとカピオラニ通りの近くで、以前は自動車販売店があった場所となる。
建設は韓国系の建設会社(Samkoo Pacific)が請け負う。
コンドミニアムは60%が制限付きの地元住人向けのアフォーダブルコンドミニアムとなる。

4月にコールドウェル市長がこの土地を6,400万ドルで購入し、鉄道とアラモアナセンターをつなぐバス交通センターを建設するか、
所得制限を設けた住宅を建設するかを考えていた。
市議会議長との話し合いの結果、所得制限を設けた住宅の建設計画を進めてきた。

この建物は全体の485ユニットうち292ユニットが所得制限を設けた価格で販売する予定。金額は272,000ドルから販売開始となる。


ハワイ不動産の物件検索はこちらより。

ハワイ不動産に関するお問い合わせはこちらより。


ハワイの風景

ダウンタウンの涼しげな BIKI 乗り場。すっかり定着したかんじですね。