page contents

ハワイニュース:ハワイで日焼け止めが販売禁止に!? 医師会らの反対を押し切って

■本ニュースは【NEWS WEEK ニュースウィーク日本版】からの転載です。執筆者はクリスティン・ヒューゴ氏です。


<サンゴの白化につながる化学物質を含む製品の販売禁止に乗り出したハワイ州の本気度>

ここ数年、世界中でサンゴ礁が危機にさらされている。二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスが急増し、温暖化によって海水温が上昇。サンゴ内に共生する褐虫藻が排出され、サンゴは白く、もろい状態になる。

サンゴの白化と呼ばれるこの現象は1980年代に比べて4倍の速度で進んでおり、白化したサンゴは通常、死に至る。近年は世界各地で、サンゴの白化と死が次々と報告されている。

国際サンゴ礁イニシアティブ(ICRI)によれば、原因は気候変動に加えて開発や外来生物、魚類乱獲、観光、海洋汚染など多岐にわたり、各地で対策が始まっている。そんななか、ハワイで一味違った世界初の試みが誕生した。サンゴ礁に害を及ぼす化学物質を含んだ日焼け止めの販売を禁止する法案が、州議会で可決されたのだ。

7月初め、ハワイ州のデービッド・イゲ知事は法案に署名。2021年1月1日以降、州内ではオキシベンゾンとオクチノキサートを含有する日焼け止めの販売が禁止される。

同法のきっかけになったのは、オキシベンゾンがハワイのサンゴ礁に打撃を与え、気候変動への耐性を弱めると指摘した最近の研究だ。こうした化学物質はDNAを損傷させ、内分泌物を破壊し、サンゴを死滅させる。

米内務省国立公園局によれば、国内のビーチで海水浴客から流れ出す日焼け止めは、毎年4000~6000トンに上る。「ハワイのサンゴ礁の耐性を守り、回復させるための小さな一歩だ」と、イゲは語った。

皮膚癌への影響を懸念するハワイ医師会やハワイ皮膚癌連合、地元産業や団体の一部は、この法案が「化学物質の影響を誤って解釈した研究」に基づいているとして、法案に反対した。だが彼らの抵抗にもかかわらず、州政府に法案成立を迫る請願は広がりを見せ、5万5000人近い署名が集まった。

こうした動きからも分かるのは、ハワイの人々がサンゴ礁を非常に重視しているという事実だ。生態学的な観点から言えば、サンゴ礁と魚との共生関係は、海洋生物とその食物連鎖に欠かせない。さらに、これらの魚を収穫し、販売し、食べることで、人間が利益を得る。

波や暴風から海岸を守ってくれるサンゴ礁は、観光産業にとっても不可欠だ。ハワイは観光業で毎年巨額を稼ぎ出す。ハワイ州観光局によれば、今年1~ 5月だけで観光収入は76億6000万ドルに上る。

だから当然ながら、エコ推進派のみならず、観光業界もこぞって同法を支持している。ハワイアン航空やホテルの一部は、サンゴ礁に無害な日焼け止めを販売する業者と提携し、観光客に選択肢を示そうとしている。

サンゴ礁を殺す日焼け止めは、ハワイでは死滅させられそうだ。


ハワイ不動産の物件検索はこちらより。

ハワイ不動産に関するお問い合わせはこちらより。


ハワイの風景

ハワイ カメハメハ大王像

同じ鋳型から造られたカメハメハ大王像はオアフ島にひとつ、ハワイ島にふたつあります。