page contents

ハワイ不動産ニュース:ハワード・ヒューズ社の6棟目のコンドミニアム建設が承認された

2018-09-06

■本ニュースは【ハワイに住む】からの転載です。


ハワード・ヒューズ社は、ワードビレッジ内に建設予定の570ユニットのKoula(コウラ)の建設認可が下りたことを受け、2019年上期に販売を開始する予定だ。

Koulaもしくはそれ以外の場所で、最低でも64件の安価なユニットを提供するという条件を含み、すべての承認が下りた。

このコンドミニアムは41階建て、スタジオ、1ベッドルーム、2ベッドルーム、3ベッドルーム展開で約30㎡〜150㎡の広さ。
2019年後半に建設が始まる可能性があるとのこと。

Koulaはシカゴ、ニューヨーク、サンフランシスコにオフィスを構えるStudio Gangによって設計されており、ニューヨークとトロントにオフィスを構えるYabu Pushelbergのインテリアデザインとなる。

またこのKoulaという名前はハワイ島のデザイナー、Sig Zane(シグ・ゼーン)が選んだ。
Koulaはハワイ語で赤いサトウキビという意味である。


ハワイ不動産の物件検索はこちらより。

ハワイ不動産に関するお問い合わせはこちらより。


ハワイの風景

ヒルトンハワイアンビレッジ前にてヒルトンハワイアンビレッジ前のビーチにて。さあ、海へ向かって漕ぎ出そう。