page contents

ハワイ経済ニュース:6月の観光客による消費額が11%増加

2018-08-15

■本ニュースは【ハワイに住む】からの転載です。


ハワイ州観光局が発表した予測統計によると、訪問者の消費額は6月昨年比10.3%増の16億ドルとなり、今年累計で見ると昨年同期より10.8%増の92億6000万ドルとなった。

6月の到着者数は7.3%増加し897,099人となり、今年累計到着者数は8.2%増の498万人となった。

ハワイ島では6月の到着者数と訪問者数が若干減少したものの、4つの主要島全て前年同期と比較しそれぞれ消費額は増加した。

6月ハワイ島の到着者数は4.8%減の149,817人で、消費額は0.9%減の1億9430万ドルとなったが、今年累計の到着者数は7.2%増の868,147人となり、消費額は9.3%増の13億3000万ドルだった。

またオアフ島の到着者数は5.5%増の542,951人となり、消費額は12.3%増の7億6060万ドル。
マウイ島の到着者数は11.5%増の280,561人、消費額は10.1%増の4億2350万ドル。
カウアイ島の到着者数は9.1%増の135,484人、消費額は13.1%増の1億9,530万ドルとなった。


ハワイ不動産の物件検索はこちらより。

ハワイ不動産に関するお問い合わせはこちらより。